お父様のダイヤモンド

お嬢様が、初孫に会いにいらしたお母様から「生前贈与よ」と手渡されたのは、かつてお父様がお母様へ贈ったダイヤモンドリングでした。 指輪を引き継がれたお嬢様は、当初、この指輪のキズ取りを御希望で私どもへ御連絡くださいました。続きを読む “お父様のダイヤモンド”

オレンジ色について考える

パンプキンダイヤモンドについてお話ししました。 カラーダイヤモンドは特に高価、はい、90%正解です。何色でも高値になるわけではありませんので、資産価値をお考えの方は御相談くださいね。 レッドを含むピンクダイヤモンド、ブル続きを読む “オレンジ色について考える”

ダイヤモンドのグラス・チェーン

オーダーでなければ存在しないもの、それがカスタムオーダーの真骨頂です。 数年前の「手元にバラバラと余っているダイヤをなんとかしたい!」という御相談から始まりました。当時、初リフォームにお持ちいただいたダイヤは、カットもサ続きを読む “ダイヤモンドのグラス・チェーン”

パンプキン・ダイヤモンドとは

日本にすっかり根付いたハロウィン。 ハロウィンと言えば巷に溢れるカボチャ デザインのお菓子たち。 ジュエリー好きなら、お菓子よりもダイヤモンドですね。パンプキン・ダイヤモンド、は御存知でしょうか。 2002年、非白人女優続きを読む “パンプキン・ダイヤモンドとは”

鑑定書と鑑別書 ②

続いては、鑑別書です。 端的に言うと「これはなんであるか」を明記したペーパーです。天然ダイヤモンドなのか、人工ダイヤモンドなのか、パールなのか、ルビーなのか、エメラルドなのか。 鑑定書はダイヤモンドのみに発行され、しかも続きを読む “鑑定書と鑑別書 ②”

鑑定書と鑑別書

既に書いたような気もしますが、大事なことなので重複しても良いでしょう。 鑑定書と鑑別書、違うレポートだということは御存知でしょうか。 今日は、鑑定書について深堀します。 鑑定書とは・・・ダイヤモンドのみに発行される文書で続きを読む “鑑定書と鑑別書”

アーガイルピンクとは

アーガイルと聞いて、ほぅっと息をつかれた方はいらっしゃるでしょうか。 アーガイルは、オーストラリアにある鉱山です。しかも、ピンクダイヤが多く採掘される鉱山で、世界のピンクダイヤの9割はアーガイル産です。 アーガイルが9割続きを読む “アーガイルピンクとは”

ダイヤモンドの新鑑定基準制定なるか

こんな時間ですが、臨時更新しております。遺骨ダイヤモンドを取り上げたところにタイムリーなニュースが飛び込んできました。 GIA独り勝ち状態のダイヤモンドグレーディングの世界に風穴が開くかもしれません。 Diamond G続きを読む “ダイヤモンドの新鑑定基準制定なるか”

遺骨ダイヤについて

9月22日(火)は、秋のお彼岸でした。お墓参りに行かれた方、心の中で御供養された方、様々だったのではないでしょうか。 遺骨ダイヤ、という言葉を聞いたことがある方はいらっしゃいますか。遺骨を加工し、ダイヤモンドを生成する 続きを読む “遺骨ダイヤについて”

真珠の耳飾り

フェルメールがいたら、この南洋真珠の耳飾りを描いてくれたでしょうか。 こちら、私の私物のリフォーム品です。もともとは、ダイヤの部分だけを持っていて、ピアスチャームとして使用していました。 ある日、ジュエリーのイベント会場続きを読む “真珠の耳飾り”