世界の中の日本の価値

日本の国力が弱くなっているのは10年以上前からはじまっていましたが、もう打つ手がないのではないかと感じています。

2002年以来20年ぶりに、1USドルが135円という円安相場となっています。
これまで日本円は、「いざというときの日本円」と言われ、大規模な内戦や戦争、世界規模の危機が起きた場合には、世界の通貨が日本円に変えられる(日本円が強い→円高)時代が長く続いていました。

ところが今回、ロシアのウクライナ侵攻が国際問題化して以降も、日本円は売られ続けました。
そして、20年ぶりの135円にまで円は安くなっています。
もはや、「いざというときの円」ではなくなっているということですね。

間もなく渋沢さんに交代ですね

私は、円と同じことが日本語でも起きていると数年前から感じており、日本が世界から取り残される危機感を増しています。
例えば、これまでは、海外企業のホームページを見ると、Languageで日本語を選べることがよくありました。今はどうでしょうか。
日本語は見当たらないことも多くなりました。ビジネスの相手として、日本が考慮されていない、優先されていないということです。

一例として、GIA Japanを取り上げましょう。

アメリカの非営利法人であるGemological Institute Of America(米国宝石学会)は、ハリーウィンストンをはじめとするハイジュエラーも利用する鑑定・鑑別機関であり、教育機関でもあります。
その教育部門は、皆様御存知のGraduated Gemologist、通称G.G.の教育を行う部門でもあり、昭和から長く東京にも支部がありました。
ところが2019年、突然閉鎖されます。

収益化が難しいと判断されたため、と言われています。GIAは非営利法人ですので、収益と言われると突っ込みたくなりますが。
GIAの教育部門は、決して安価なコースではありません。G.G.のコースを日本で取ると、半年で180万円程度は必要でした。それでも「日本でビジネスをすることが見合わない」と判断されたのです。

その後、私自身がカリフォルニアのGIAに問い合わせたところ、日本人が教育コースを取るには、他国のGIAに通学するしかないと言われました。
そして他国というのは、その国の言語で授業が行われます。ですので、一番近い台湾にしよう!香港にしよう!と思っても、言語の壁が立ちはだかります。英語でさえありませんからね。
宝石業界の教育機関としてはシェアの大きいGIAに、日本人学生は切り捨てられたのです。

日本という国の影響力が下がったことは、為替による輸入商品の値上がりのみならず、日本人がサービスや教育を受ける機会さえ失うことに繋がっています。





投稿者: Michie MORISHITA

ジュエリー、主にダイヤモンドの仕事をしてきました。 サプライズプレゼントを成功させるポイント、将来に備えたお買い物のお手伝いが必要なときにはお気軽にお声がけください。 ひとりでジュエリーショップに入りにくい!という方のご相談も承ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。