その名はレッドダイヤモンド

カラーダイヤモンドが希少であることは、なんとなくイメージを持てる方が多いと思います。
様々なカラーの中で、希少中の希少なカラーと言えば、レッドです。

ダイヤモンドの鑑定・鑑別では世界で群を抜いているGIAでさえ、1957年から1987年まで30年以上もの間、「レッド」のみのダイヤモンドのレポートは一通も発行されていません。

GIA Official Web Site
0.95ctのHancock Red(ハンコック レッド)
0.95ct, Circular Brilliant, Fancy Purplish Red, Clarity I1 by GIA

1987年、GIAがはじめて「レッド」としたダイヤモンドが、クリスティーズに出品されました。
それが、上の画像にあるハンコックレッドです。

0.95カラットのクラリティI1は、通常、大手オークションハウスで扱われることはありません。
しかし、レッドダイヤモンドであれば話は別です。

落札価格は、88万ドル。
1987年当時、最高落札額でした。

もう一度申し上げますが、1カラットにも満たない、I1グレードです。
つまり、88万ドルは、カラー「レッド」への対価なのです。

レッドダイヤが生まれる要因は、はっきりとわかっていません。
GIAの研究では、仮説として「原子構造の欠陥が一部関与してレッドになっている」可能性を指摘しています。
色の要因がはっきりしないため、どのあたりを採掘すれば出会えるのかもはっきりせず、世界中のコレクターがオークションでレッドが出るのを心待ちにしているのです。
この神秘性が、レッドの魅力を増しているのかもしれません。

レッドダイヤモンドの神秘性にも負けない、ハンコックレッドのミステリアスな足跡については、また別の機会に。

オークションについて御興味のある方は、どうぞ私どもに御相談ください。

投稿者: Michie MORISHITA

ジュエリー、主にダイヤモンドの仕事をしてきました。 サプライズプレゼントを成功させるポイント、将来に備えたお買い物のお手伝いが必要なときにはお気軽にお声がけください。 ひとりでジュエリーショップに入りにくい!という方のご相談も承ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。