ルイヴィトンのジュエリー戦略

ルイヴィトンで有名なLVMHが、アメリカのティファニーを買収すると発表したのが2019年のことでした。
フレッドやブルガリといったジュエラーを傘下におさめており、ルイヴィトンからもジュエリーラインは発表されていました。

それでもティファニーを買収するというニュースは、株式市場はもちろん、一般消費者にまで衝撃が走りました。

BLOSSOM COLLECTION

ルイヴィトンのジュエリーは、シンプルなものであれば20万円前後から用意はあるものの、おおむねハイジュエリーの展開です。

ルイヴィトンは、どこを目指しているのでしょうか。

当面の目標は、売上高ではなく、ハイジュエリーブランドとしての知名度と考えられます。
おそらく3年前には固まっていた戦略でしょう。

まず、コロナ禍でもある今年の新コレクションの価格帯です。
パンダンティフ LV ヴォルト・コレクションは、エントリーレベルの価格帯ではありません。

新作コレクション
パンダンティフ LV ヴォルト ワン GM 896,500円 税込

売上高が欲しいのであれば、モノグラムのモチーフを転用し、ダイヤのついていないものを各国限定数を設定して販売すれば、あっという間に売り切れ、そしてプレミアムもついて取引されたことでしょう。
ルイヴィトンの知名度をもってすれば容易なことですが、安直な売上高の訴求には向かいませんでした。

2019年鉱山より回収された

ふたつめに、大粒原石の買い入れです。
これは、かつてハリー・ウィンストンやグラフ・ダイヤモンズが行っていた方法でもあります。

上の画像は、ボツワナの鉱山で発見された1,758カラットのダイヤの原石です。
英国王室のカリナン・ダイヤモンドに次ぐ、史上2番目の重さ(カラット)です。
御覧のとおり、表面はカーボンに覆われており、ここからどのようなダイヤモンドが現れるのか、又は現れないのかは今のところ神のみぞ知る状態です。
Seweloと名付けられたこの原石をカットするため、ルイヴィトンは、ベルギーの研磨マスターと研究を続けています。

2020年、原石買付は、これだけではありません。

こちらも、ルイヴィトンが買い付けた549カラットの原石です。
20202月、またしてもボツワナで採掘されたSethunyaと名付けられたこの原石は、研磨され、VIP顧客向けに販売されます。

そしてティファニーがハイジュエラーへの階段を駆け上がるのに重要だったのが、フランチェスカ・アムフィテアトロフの抜擢です。

Francesca Amfitheatrof – Photo: Louis Vuitton
彼女は日本生まれです

「あれ?」と思われたあなた、大正解です。

20163月に日本で公開されたティファニー初のドキュメンタリー映画「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」に出演していました。主演と言ってもいいでしょう。
2013年にティファニーへ参加した彼女は、映画が公開されて間もなく、ティファニーから離れます。
2017年、パリのヴァンドーム広場にルイヴィトンは店舗をオープン。
満を持して2018年、フランチェスカのルイヴィトン参加が発表されました。

ルイヴィトンは、ハイジュエラーを目指していることがわかります。
LVMHは、既にフレッド、ショーメ、ブルガリといったジュエラーを傘下に収めています。
ティファニーの買収は、その知名度からセンセーショナルに取り上げられましたが、「売り上げの弱いジュエリー部門をかさ上げする」目的ではないとも言えます。

ルイヴィトンは、ルイヴィトンとしてハイジュエラーになることを期待して見守っていきたいですね。

投稿者: Michie MORISHITA

ジュエリー、主にダイヤモンドの仕事をしてきました。 サプライズプレゼントを成功させるポイント、将来に備えたお買い物のお手伝いが必要なときにはお気軽にお声がけください。 ひとりでジュエリーショップに入りにくい!という方のご相談も承ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。