鑑定書と鑑別書

既に書いたような気もしますが、大事なことなので重複しても良いでしょう。

鑑定書と鑑別書、違うレポートだということは御存知でしょうか。

今日は、鑑定書について深堀します。

鑑定書とは・・・
ダイヤモンドのみに発行される文書です。
そして、そのダイヤモンドの4C (Carat, Color, Clarity, Cut) が明記されています。
4Cを測定する必要がありますので、結果として鑑定書は「裸石」について計測した結果となります。
4Cの詳しい説明は、また後日に。

鑑定書で今のところ日本で一番流通していると思われるのは、GIAと中央宝石研究所のものでしょう。
もしあなたが購入を検討しているダイヤモンドにGIAの鑑定書(グレーディングレポートとも呼ばれる)又は中央宝石研究所の鑑定書がついているのであれば、レーザー刻印を確認してください。

まず、鑑定書を見ます。

GIAの鑑定書にはいくつかの形式がありますが、とにかくレポート番号をチェック!

GIA report numberという番号を確認します。
上記サンプルでは、黄色で〇をつけています。

ダイヤモンドにこのレポートの番号が刻印されているのです。

ダイヤモンドのガードル、という部分にレーザーで刻印されています。

特殊なデザインでない限り、まっとうなブランドであれば、この刻印はルーペで確認できるような位置にダイヤモンドをセットしています。

レーザー刻印は、GIAにて有償で彫られます。
そのため、レーザー刻印のないダイヤモンドも存在しますが、皆さんが耳にしたことのあるブランドやメーカーであれば、この刻印の入ったダイヤモンドを販売しているはずです。

中央宝石研究所も有償でレーザー刻印を施しており、鑑定書 (Grading Report)に画像を掲載しているものもあります。

中央宝石研究所のレポート

これらのレーザー刻印は、もともと視力のいい方でしたら10倍のルーペでも全桁を読むことが出来るかもしれません。
視力が心配、という方は倍率の高いルーペを店頭で借りて確認することも可能です。

まとめです。
鑑定書は、ダイヤモンドのみに発行されるもの。
鑑定書には、4C と言われる Carat, Color, Clarity, Cut が記載されている。
主だった鑑定機関であれば、鑑定書番号がダイヤモンドに刻印されており、それはユーザーでも目視可能である。

これで「ダイヤモンド」の第一段階はOKです。

次回は「鑑別書」について深堀します。

鑑定書・鑑別書について端的にまとめるのは難しい!

投稿者: Michie MORISHITA

ジュエリー、主にダイヤモンドの仕事をしてきました。 サプライズプレゼントを成功させるポイント、将来に備えたお買い物のお手伝いが必要なときにはお気軽にお声がけください。 ひとりでジュエリーショップに入りにくい!という方のご相談も承ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。