ダイヤモンドの新鑑定基準制定なるか

こんな時間ですが、臨時更新しております。
遺骨ダイヤモンドを取り上げたところにタイムリーなニュースが飛び込んできました。

GIA独り勝ち状態のダイヤモンドグレーディングの世界に風穴が開くかもしれません。


Diamond Grading Gets an International Standard

鑑定鑑別機関によって、基準が変動していたダイヤモンドの格付け作業。
これにISOが初のグレーディング・ガイドラインを承認したということですが、私が今回特筆すべきだと感じたのは

The guide is notable for defining diamonds as a natural mineral, in contrast to the US Federal Trade Commission’s wording, which dropped the word “natural” in 2018.

アメリカでは、米国連邦取引委員会によって、2018年に「天然」という言葉が削除されました。
あえて「合成ダイヤですよ」と書かなくてもいいのです。おそろしい・・・

ISOの今回の決定は、その米国連邦取引委員会の文言とは対照的で、ダイヤモンドとは「天然鉱物」であるとしています。

GIAは既にGGという卒業生を多く輩出しており、それは一大勢力です。
今回のISOの動きが、すぐに業界へ影響するかの判断はつきませんが、高品質の合成ダイヤモンドが広まりつつある現代に一石を投じることは間違いありません。

Natural or Man-made ?

投稿者: Michie MORISHITA

ジュエリー、主にダイヤモンドの仕事をしてきました。 サプライズプレゼントを成功させるポイント、将来に備えたお買い物のお手伝いが必要なときにはお気軽にお声がけください。 ひとりでジュエリーショップに入りにくい!という方のご相談も承ります。

ダイヤモンドの新鑑定基準制定なるか」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。