真珠の耳飾り

フェルメールがいたら、この南洋真珠の耳飾りを描いてくれたでしょうか。

こちら、私の私物のリフォーム品です。
もともとは、ダイヤの部分だけを持っていて、ピアスチャームとして使用していました。

ピアスのポスト(棒の部分)に通してユラユラさせるチャームでした

ある日、ジュエリーのイベント会場で、まるでマルシェで売られているトマトのようにパールが無造作に積まれているカートがありました。
ありとあらゆるパールがあり、玉石混淆(せきぎょくこんこう)の状態です。

スケジュールに多少の余裕があったので、私は 早速「玉」探しに取り掛かりました。

このTreasure Huntingをはじめた時点で、バロックの黒でピアスにしよう!あのダイヤのチャームを加工しよう!と妄想しはじめていましたが、なにしろパールをペアにするのは至難の業です。

悪戦苦闘の末、選んだのがこちら。

バロック大好物!

そして、加工に入ります。
カスタムオーダーの場合、決めることは多岐に渡ります。
また、脳内で思い描いたとおりに仕上がるとは限りません。
そこのギャップを埋めるお手伝いをしますが、決められない!という方は、デザイナーの意見をきかれるのが得策かもしれません。

妄想で仮置きした状態

実は私も、このピアスは一度やり直しをしました。
耳に通す金具を変更しました。
大変腕のいい、ここでは名前を出せないブランドも扱う職人さんなのですが、それでも二の足を踏まれる加工でした。
お客様のオーダー品でしたら私も迷いますが、私の私物です。「チャレンジしましょう!」と強引にお願いし、結果、大満足の仕上がりとなりました。

このピアスを着けるときに、他のジュエリーは不要です。

最近使ってないな というお手元のジュエリーも、新しいデザインで生き返るかもしれません。


加工がスタートしてからお渡しまで、4~6週間が目安となります。
加工前の打ち合わせ、商品のお預かりは、基本的に対面となります。
コロナ対策はしっかり行っておりますので、安心してお声がけくださいませ。

投稿者: Michie MORISHITA

ジュエリー、主にダイヤモンドの仕事をしてきました。 サプライズプレゼントを成功させるポイント、将来に備えたお買い物のお手伝いが必要なときにはお気軽にお声がけください。 ひとりでジュエリーショップに入りにくい!という方のご相談も承ります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。