パールのお手入れ

日本人女性が保有率の高い宝石、それはパールではないでしょうか。

ここでは、天然または養殖のパールについて、お手入れと保管についてお話しをします。
プラスチックや化学合成品でしたら、水道でじゃぶじゃぶ洗って大丈夫ですので、今日のお話しの対象外です。

パールの三大天敵は、1.汚れ、2.紫外線、3.乾燥 です。

日本の夏にパールをつけることは躊躇しがちですが、お手入れさえポイントをおさえていれば、こんなに↓ジャラジャラつけることも可能です。

肌を光で白く飛ばす加工をしました・・・御了承ください

1の汚れには、汗や皮脂、そして化粧品やヘアスプレーが主なものとして挙げられます。
お化粧をし、ヘアセットを完了し、手を洗ってからパールを着用しましょう。

そして帰宅後、手を洗ってパールをはずし、パールを柔らかい布で優しく拭きます。
一番いいのは・・・一家に一枚はあるであろう眼鏡拭き
パールクロスも市販されていますので、それでももちろん結構です。
布で拭く際に、つい引っ張りがちになります。糸切れやワイヤー切れの原因となりますので、力加減は気を付けましょう。

2の紫外線と3の乾燥について。
パールを購入した際に宝石店でケースをつけてくれたと思います。そのケースに入れていればほとんどの場合は十分です。もしケースをなくされた場合は、宝石どうしがガチガチ当たらないようなケースを御用意ください。

ミキモトより画像をお借りしました

宝石店では、パールが入っているショーケースに、水の入ったグラスが一緒に入っていますよね。
それは、パールの品質を保つため、湿度を55~65%に維持するためのコップです。
最近は、パールケースに調湿剤もセット出来るものが販売されています。そちらもお勧めです。

パールは有機物です。ダイヤモンドやスピネルのように半永久的に同品質で存在し続けることは難しくとも、正しいお手入れをしていれば、23代と受け継ぐことが出来る宝石です。

投稿者: Michie MORISHITA

ジュエリー、主にダイヤモンドの仕事をしてきました。 サプライズプレゼントを成功させるポイント、将来に備えたお買い物のお手伝いが必要なときにはお気軽にお声がけください。 ひとりでジュエリーショップに入りにくい!という方のご相談も承ります。

パールのお手入れ」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。